肉バルあぶらぎっしゅのこだわり

あぶらぎっしゅのこだわり
備長炭で炭火焼きした食材は、素材本来の旨味を引き出し、口の中で広がる炭の香りとの相性抜群です。
単なる焼鳥屋ではなくグリル料理をメインとして、特に赤鶏さつま、黒豚、旬野菜にこだわったお店です。
繊細かつ豪快な料理を堪能してください

黒牛

肉質に優れた黒毛和種を言います
きめ細やかなやわらかい肉質と,バランスの良い霜降り肉が特徴です。

赤鶏さつま

薩摩育ちの鶏で、適度な歯ごたえと風味の良さがあります。
飼料の中に麦を多く配合た植物性飼料を使用することで鶏臭さがなく、また脂肪も少ない肉質で風味がよく、あっさりしています。

黒豚

体毛は黒色、四肢、鼻、尾の六ヶ所に白斑があることから、『六白』とも呼ばれています。
豚特有の臭みがなく、脂がさっぱりしています。弾力に富みながらも繊維が細かく柔らかいため、歯切れが良いのが特徴です。

備長炭

ふつうの炭と違い、炎がほとんど無く、炭自体が発熱して燃えるため遠赤外線が非常に多く出ます。
遠赤外線は焼く材料の表面だけでなく、中の方へ熱が入っていくため強い火で焼いても表面が、焦げずに早く焼けます。
短時間で焼けるため、材料のうま味や水分を逃がさず美味しく柔らかく焼く事が出来ます。
さらに炎が出ないため黒こげになりにくく、風味を出し、苦味がでません。
遠赤外線効果 薫煙効果 により食材の旨味を最大限に引き出します。